IT情報屋~Apple・Android・Windows最新情報

iPhone、Xperia、iPad、Windows 10・・・まるごと最新情報サイト

【必見】2017 華流ドラマおすすめ~中国の歴史・時代劇人気ランキング

古代王朝を舞台とした中国の人気歴史・時代劇をまとめてみた。華流ドラマ好きな人がお気に入りの時代劇をぜひ、見逃さないでください。

秦帝国 縦横 ~強国への道~

「大秦帝国 縦横 ~強国への道~」の画像検索結果

始皇帝が中国を統一する約100年前、“商鞅の改革”により国力増強に成功した秦を舞台に、第26代君主・恵文君の時代を中心に描く。

秦は「商鞅の改革」による富国強兵に成功して弱小国から大国へと成長したが、秦の第25代公・考公の死後、旧勢力によって一番の功労者であった商鞅を処刑したところまでを描いた「大秦帝国 -QIN EMPIRE-」の続きとなる作品。考公の嫡子である第26代公であり、秦で最初王を称した恵文王・贏駟(えいし)の代、慣例にとらわれず、外国の優秀な人材を積極的に登用し、大胆な外交策を展開した。その結果秦は大きく発展し、巴蜀、義渠など周辺諸国を次々と征服した。恵文王が中原へ打って出た東進策は後の天下統一の礎になった。

ミーユエ 王朝を照らす月(芈月傳)

関連画像

戦国時代(紀元前403年―紀元前221年)・芈月ははっきりした威王の最も寵愛した小さいプリンセスで、ただはっきりした威王に没後は生活して急落した。芈月とはっきりした公子黄歇の休憩青梅竹馬は、心から愛しあって、ただ嫡プリンセスの芈姝ものとして嫁ぐことに付き添って花嫁に付き添って遠く嫁ぐことに仕えられる秦国。原本の姉妹の気持ちは芈月に息子嬴稷以後を生んでだんだん分裂します。芈月と息子は流刑に遥かな燕国に到着されます。諸の子は位を争って、秦の国は大いに乱れます。芈月は秦国内を平定して乱れています。芈月息子嬴稷は即位して王として、歴史は秦の昭の襄王と称します。芈月は史上第1皇太后になった、史称宣太后

項羽と劉邦 King's War

クリックすると新しいウィンドウで開きます

紀元前224年、楚の項燕が壮烈な戦死を遂げ、それを機に勢いづいた秦が天下を統一するところから始まる。始皇帝の時代、そして始皇帝崩御とその後の政変、二世皇帝と趙高による暴政から中華全土で反乱が起き、その中から項羽と劉邦という2人の英雄が誕生する。やがて2人は強大な秦を滅ぼすが、次の王の座をめぐって激しく争う。その戦いに最終的に勝利した劉邦は皇帝となり、漢王朝を開くところまでが描かれている。

風中の縁(えにし)

「風中の縁」の画像検索結果

狼に育てられた少女莘月は、匈奴の王様の部下である漢人に助けられた。彼の元で読み書きや武芸を学び、王様の五人の子供たちと一緒に成長した。養父の死後、再び砂漠で狼と暮らす日々を送っていた。
そんなある日、莘月は優しくて優雅な莫循、猛々しく勇ましい魏無忌と出会う。

そして、彼女は運命に導かれるように都に赴き、そこで女性の舞を披露する歌舞坊の女将となり、偶然にも以前砂漠で会った2人の貴公子と再会することとなる。

美人心計~一人の妃と二人の皇帝~

関連画像

漢の初代皇帝・劉邦の跡継ぎ問題に巻き込まれ、親を失い伯父のもとで育った雲汐は母親と同じ宮廷に入ることに。そこで劉邦の息子、劉盈に気に入られた雲汐だが、皇太后の手先として名を変え、右腕となる雪鳶と共に代国に送り込まれる。そこで劉盈の腹違いの代王・劉恒の寵愛を得るも、王の腹心である将軍・周亜夫には漢のスパイと疑われてしまう。劉恒の深い愛情にスパイとしての立場と愛の間で苦しむ雲汐と雲汐を忘れられない劉盈。皇太后の死後、雲汐は漢の皇帝となった劉恒を支え、宮廷の覇権争いに巻き込まれながらも国を守り生きていく。愛する人を守るため、国を守るために生き抜いた、美しくも強い女と彼女を愛した二人の皇帝の物語。

三国志 Three Kingdoms

「三国志 Three Kingdoms」の画像検索結果

229年までに魏(初代皇帝:曹丕)、蜀(蜀漢)(初代皇帝:劉備)、呉(初代皇帝:孫権)が成立、中国国内に3人の皇帝が同時に立った。

第12代霊帝のもと、国は乱れ、武力を有する将軍や地方の皇族が台頭していた。その後霊帝が没すると洛陽の都に入っていた董卓は我が物とする専横を極めていくところからはじまる。

大軍師司馬懿の軍師連盟

関連画像

三国時代曹魏にかけての武将・政治家司馬懿を中心に描かれていく時代ドラマ

続きを読む

広告を非表示にする