読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT情報屋~Apple・Android・Windows最新情報

iPhone、Xperia、iPad、Windows 10・・・まるごと最新情報サイト

【徹底比較】iPhone 8とGalaxy S8どっちが優れているのか?

2017年最も期待されている新作スマホは疑いなくGalaxy S8とiPhone 8。昨年爆発・発火事故が続出したことで販売終了に追い込まれたGalaxy Note 7の大失敗から立ち直れるために、Galaxy S8は逆転を狙って、デザインも性能も大幅に刷新されることになる。炎上問題などによって失った消費者の信頼を取り戻すだけではなく、アップルの競合と肩を並べることもできる。一方、初代が発表され10周年を迎えるたiPhone 8も革新なデザインやすごい新技術を採用し、見た目だけではなく機能まで大幅アップデートが期待されている。では最新スマホのGalaxy S8とiPhone 8、買い換えるなら皆様どっちにするのか?iPhone 8とGalaxy S8どっちが使いやすいか?今回はiPhone 8 Galaxy S8比較し、外観やスペック、仕様、そして気になる新機能も調べた。分かりやすくようにアイフォン8とギャラクシーS8の違いを紹介していく。

最強のライバル対決!スペック表から見るiPhone 8 Galaxy S8比較

まずは、Galaxy S8とiPhone 8のスペックをチェックしてみよう。

iPhone 8とGalaxy S8どっち

外観からiPhone 8 Galaxy S8比較してみよう!

最も大きなアイフォン8とギャラクシーS8の違いはやはりデザインと見た目だ。iPhone 8ではホームボタンが廃止され、画面縁のベゼルも極限まで削っていて、前面ディスプレイ化のデザインが配されるそうだ。一つのモデルで初めて両サイド部分が曲面となったエッジスクリーンも採用するだけではなく、背面に搭載されるデュアルレンズカメラもiPhone7の横並びから縦並びの配列になる。本体は有機ELディスプレイ搭載した全面ガラス筐体でiPhone 7/7 Plusに塗装が剥がれやすい問題を解決できて、手にとった際は高級感を感じている。

Galaxy S8は丸みを帯びた四角で背面にガラス素材、側面にアルミニウム素材を採用。物理型のホームボタンなくなり、前面の上下にあるベゼル部分も大幅剥がれ、画面占有率が衝撃的な84%超えて全面化のインフィニティ・ディスプレイ搭載する。左右が曲面で世界初の全面画面のエッジスクリーンはお洒落!未来を感じ!オーキッドグレイとコーラルブルーの2色が追加してボディーカラーはミッドナイトブラック、アークティックシルバー、メープルゴールドの5色展開となる。

アイフォン8とギャラクシーS8の違い:Galaxy S8とiPhone 8の2製品は更なる機能とデザインの進化について焦点を置いて、より大きな画面、より狭い額縁を目指す。けれどiPhone 8で搭載されている曲面エッジ部分は魅力的だがGalaxy S8より実用性に乏しい。一方、スマートフォンでの圧倒的なシェアを持っているAppleSAMSUNGの影響でほかのスマホメーカーこれからもきっとベゼルレスディスプレイの進化に取り組むだろう。

ディスプレイサイズの比較:iPhone 8とGalaxy S8どっちが良い

Galaxy S8は5.8インチの2K(2960 * 1440ピクセル、570ppi)QHD+ Super AMOLEDディスプレイでゴリラガラスを採用。大画面のGalaxy S8+は6.2インチのSuper AMOLED(解像度2960 * 1440ピクセル、529ppi)ディスプレイ搭載する。

iPhone 8には5.0インチモデルが追加され、4.7/5.5インチと合わせて3機種展開になるようで、5.5インチモデルは全画面カープ有機EL( 2800*1242ピクセル、521ppi)ディスプレイを搭載、4.7/5.0インチモデルは通常の(2436*1125ピクセル)…【続きを読む